2012年07月17日

【7月17日京都医療福祉ニュース】

《7月は愛の血液助け合い運動月間》
長寿化と医療の高度化に伴い、
血液の需要はますます高まっています。
尊い命を救う献血にご協力ください。

献血ルームは、
*京都駅前 京阪京都ビル6階
*四条柳馬場 四条SETビル5階
*伏見大手筋商店街 若由ビル1階
時間は、
*10時から正午まで
*午後1時から午後5時30分まで。
詳しいことは、
保険医療課
電 話  075−222−3419
FAX   075−222−3416


《介護保険返戻地域活性化事業の実施》
京都府では、高齢者の健康維持を奨励するため、
全国初の試みとして、
介護保険サービスを利用されてない90歳以上の方に、
商店街などが発行するプレミアム商品券を交付する
介護保険返戻(へんれい)地域活性化事業を
実施します。
対象は、
本年度90歳以上となる
府内市町村の介護保険加入者で、
過去10年間介護保険サービスを
利用していない方です。
ただし、保険料滞納者は除きます。
申請方法は、
京都府から送付する交付申請書類で
7月31日までにお申し込みください。
申請のあった方について、審査の上、
9月中旬に交付が決定されます。
詳しいことは、
高齢者支援課 介護計画・管理担当
電 話 075−414−4578
FAX  075−414−4615


《はあと・フレンズ・ストア店内フェア》
障害のある人が作った製品のアンテナショップ
はあと・フレンズ・ストアでは、
7月18日(水)から8月上旬まで
京都市内の施設
Swing、伏見学園アトリエで
描かれたユニークな絵をモチーフにした
Tシャツを販売します。
詳しいことは、
はあと・フレンズ・ストア
(四条烏丸産業会館地階)
電 話 075−221−8111         
posted by FM797医療福祉チーム at 11:59| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

【6月26日京都医療福祉ニュース】

《熱中症を防ぐために》
熱中症の発生は、
7月から8月がピークになります。
熱中症は、高温多湿な環境のもとで、
体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、
体温調整機能がうまくいかないことにより
おこります。
体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、
吐き気、倦怠感などの症状が現れます。
また、屋外で活動しているときだけでなく、
就寝中など室内でも熱中症を発症します。
熱中症を防ぐために
こまめな水分・塩分補給をし、
外出時には、日傘や帽子を着用しましょう。
気温が高い日や湿度の高い日には、
決して無理な節電はせずに、
適度に扇風機やエアコンを
使用するようにしましょう。 
特に熱中症にかかりやすい
高齢者、障害者、こどもには、
周囲が協力して注意して
見守るようにしましょう。


《心の輪を広げる体験作文・
障害者週間のポスター募集》

京都市では、
障害のある方に対する
市民の理解の促進を図るために、
「心の輪を広げる体験作文」・
「障害者週間のポスター」を募集しています。
*体験作文のテーマ
「出会い、ふれあい、心の輪
  −障害のある人とない人との
   心のふれあい体験を広げよう−」
障害のある人とない人との
心のふれあいの体験をつづったものを募集します。
・応募資格
 小学生以上の方ならどなたでも。
*障害者週間のポスターのテーマ
「障害の有無にかかわらず、
 誰もが能力を発揮して安全に安心して
 生活できる社会の実現」
・応募資格は、小学生および中学生
*京都市審査会において
 各部門の最優秀賞、優秀賞が決定。
*応募期間
 7月2日〜9月7日
応募方法など、詳しいことは、
京都市保健福祉局障害保健福祉推進室
電 話  075−222−4161
FAX   075−251−2940


《はあと・フレンズ・ストア店内フェア》
京都産業会館地階のはあと・フレンズ・ストアでは、
7月14日〜16日の祇園祭り期間
営業時間を午後1時〜午後9時に変更し、
店内にイートインスペースを設置して、
ソフトクリームの実演販売や
3日間限定の飲食物販売などを行います。
また、鉾柄のポストカードやうちわなども販売します。
詳しいことは、
はあと・フレンズ・ストア
電 話 075−221−8111
※2012-6-27改

《ひきこもりについて考える家族教室》
7月23日から第4月曜日全5回 午後2時〜
会場:(中京区)こころの健康増進センター
精神科医師による講義、交流会など。
定員:20人
料金:無料
参加ご希望の方は、
こころの健康増進センター
電 話 075−314−0874
お問い合わせ
電 話 075−314−0355
FAX  075−314−0504
        

posted by FM797医療福祉チーム at 11:48| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

【6月19日京都医療福祉ニュース】

《医療介護福祉事業者向け
 メンタルヘルスに関するセミナー》

7月6日(金)午後1時30分〜
 会場:南区の京都テルサ
「職場不適応とヒューマンエラーを
その原因からメンタルヘルス対策で解決する」 
ほしい人材の確保、職場の人間関係トラブル、
高齢者、幼児、患者への虐待、職員の心のケアなど、
医療介護福祉事業者が抱えるさまざまなリスクや
問題を解決するメンタルヘルス対策セミナー。
料金:無料
定員:60人 完全予約制 
事前にFAXかEメールでお申し込みください。
FAX、 075−956−6522
Eメールは、office@k-r-support.com  
京都労務サポートオフィス
電 話 075−205−1443


《ヘルスピア21からのお知らせ》
*『65歳からのスマイル栄養塾』
7月4日〜 水曜日全6回 午後2時〜
調理実習、個別食事指導、運動指導等。
定員:20人
料金:1000円
*『おいしく「かむかむ」教室』
7月10.17.24日(連続)午前10時〜
食事と口の手入れに関する講義、
調理実習など。
対象:
要介護要支援認定者を除く65歳以上の方
定員:20人 
料金:1000円
お申し込み、お問い合わせ:
ヘルスピア21
電話 075−662−1300
  

《障害のある児童のサマーステイ事業》
7月20日から8月29日の間
日曜祝日を除いて、午前10時から午後5時まで、
市内の児童館で安全な居場所が提供されます。
対象:
昼間に保護者が不在の家庭で、
障害のある小学5、6年生。
定員:児童館につき3人程度
料金:4時間未満800円、4時間以上1500円
お申し込み方法など、
児童家庭課 
電 話 075−251−2380
FAX   075−251−2322
 
posted by FM797医療福祉チーム at 11:53| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

【6月12日京都医療福祉ニュース】

《子どもの感染症》
子どもの感染症 手足口病は、
夏かぜの一種で,ウイルスの感染が原因で発症し、
手のひら・足の裏・口の中などに,
水ほう性の発しんができる病気です。
多くの場合,発熱は軽度で38度以下です。
まれに重症化することがあるので,高熱や吐き気,
頭痛がある場合は,すぐに医療機関を受診しましょう。
かかってしまった場合は
口やのどの水ほうの痛みで,
水分や食事がとりにくくなったり,
発熱による汗で,水分不足になる場合があります。
脱水症状を防ぐために,
水分補給は,こまめに,少量ずつ取り、
プリンやゼリーなど,
刺激の少ない口当たりのよいものを食べましょう。
手や足の水ほうはつぶさないようにし,
清潔に保ちましょう
まずは、
予防のために手洗い・うがいを徹底しましょう!!


《認知症の人の介護家族交流会》
6月20日(水)午後1時30分から
会場:河原町五条下がる ひとまち交流館京都
対象:認知症の方を介護されているご家族の方
定員:20人
料金:無料
テーマ:
*「ここが変わった!介護保険サービス
  〜改正介護保険サービスの概要〜」
講師:
生活支援センター金閣こぶしの里施設長児島一晃氏
*「話そう介護の悩みごと」
助言:長寿すこやかセンター嘱託医
   認知症の人と家族の会 相談員 椿 恒夫医師
参加ご希望の方は、
長寿すこやかセンター
電 話 075−354−8741
FAX  075−354−8742   


《第32回全京都障害者総合スポーツ大会開催》
6月17日(日)午前10時から 総合開会式が
京都府立体育館 第一競技場で開かれます。
開会式終了後、
卓球バレー大会が開催されるのを皮切りに
卓球大会、水泳大会、陸上競技大会、
アーチェリー大会が開催され、
9月末まで熱い戦いが繰り広げられます。
詳しいことは、
保険福祉局・障害保健福祉推進室
電 話 075−222−4161
FAX  075−251−2940


《アトピー・ぜんそくスクール》
6月26日午前9時30分から
伏見区役所で、
アトピー・ぜんそくの
正しい知識や発作時の対処法についての
講義が行なわれます。
対象:小学6年生以下と保護者
定員:15組
料金:無料
応募多数の場合は、抽選
参加ご希望の方は、郵送かFAXで。
〒番号・住所・保護者と子どもの氏名・ふり仮名
年齢・性別・学校名・学年を書いて、
〒612−0833
伏見区深草大亀谷岩山町48-1 桃陽病院 まで。
電 話  075−641−8275
FAX   075−641−8307  
posted by FM797医療福祉チーム at 12:35| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

【6月5日京都医療福祉ニュース】

《ほほえみ広場
   マスコットキャラクター募集》

京都市では、
障害のある人といろいろな人たちが
出会い、交流することで、
障害のある人への理解と社会参加を推進する
イベント「ほほえみ広場」を開催しています。
今、このイベントのマスコットキャラクターと愛称を
募集しています。
イベントのテーマである
「すべての人が交流し、ほほえみの輪を広げよう」
 というコンセプトを表現し、
イベントのPRとなり、
親しみを持っていただけるデザインを募集しています。
募集の締め切り:6月29日
応募方法:A4サイズの用紙、縦横は不問。
所定の応募票に必要事項を記入、添付の上
郵送 または、持参。
詳しいことは、
ほほえみ広場キャラクター選考事務局
電 話 075−222−4161
FAX  075−251−2940
            

《健康教室かがやき》
6月15日(金)午後2時30分から
場所:京都市立病院北館
テーマ:「歯周病 毎日のケアで防ごう」
定員:50人
料金:無料
申し込み:不要
京都市立病院
電 話 075−311−5311
FAX  075−321−6025
             

《がんセット検診》
京都市では、市が実施する
胃・大腸・肺・子宮・乳がん検診について、
1日で最大5項目の検診を1度に受診できる
「京都市がんセット検診」を実施します。
対象は、今年度中に40歳以上になる方。
最低2項目以上から、
男性は、最大3項目、女性は、5項目
同時に受診することができます。
受信料:
胃がん1000円、大腸がん300円、
肺がん無料、乳がん1300円、
子宮頸がん1000円
検診は、
今年9月から来年3月に、京都予防医学センターで
来年1月から3月に、西陣織会館で 実施します。
申し込み:
各家庭に配布の受診案内に添付されている
申込用紙で、7月10日までに。
申し込み用紙は、
ホームページからもダウンロードできます。
定員:3000名
申し込み方法など、詳しいことは、
京都いつでもコール
電話 075−661−3755
京都市保健医療課
電話 075−222−3419
   
posted by FM797医療福祉チーム at 12:13| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

【5月29日京都医療福祉ニュース】

《 夏期の食中毒予防について》
食中毒の発生しやすい季節となりました。
これから夏にかけて、気温や湿度の上昇にともない,
食中毒の原因となる菌が増殖しやすい
環境になります。
食中毒の原因となる細菌にはたくさんの種類があり,
中でも,肉の生食や加熱不足で起こる食中毒に
「カンピロバクター」や
「腸管出血性大腸菌(O157等)」などがあります。
食中毒の予防には,
菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」の
3原則が大切です。
この3原則を守るための
家庭でできる食中毒予防の6つのポイント
@ 食品を購入する時は、消費期限の確認,
  肉・魚等の生鮮食品や冷凍食品は最後に購入する。
A 家庭での保存は、冷蔵庫や冷凍庫で保管する。
B 調理前の手洗い,食材の洗浄,
  調理器具の使い分けをする。
C 肉や魚の十分な加熱。
D 食事前の手洗い,
  作った料理は長時間室温放置しない。
E 残った食品は、清潔な容器に保存し、
  時間が経ち過ぎたものは思い切って捨てる。
京都市では、
食品衛生管理の向上と食中毒予防のため
京都市保健福祉局食中毒・感染症予防対策講習会
6月8日(金曜日)午後2時30分から
  京都産業会館8階シルクホール
で開催。
申し込み、詳しいことは、
保健医療課 
電話 075−222−4421へ。
または、京都市ホームページをご覧下さい。


《やさしい介護講座》
*「介護保険について知ろう!」
 6月5日午後1時30分〜
  会場:ひとまち交流館京都(河原町五条下る)
  定員:先着100人
  料金:無料
*「楽らく!ベッドからの起き上がりの介護」
 6月20日午後1時30分〜
  会場:ふれあい会館(西京区大枝)
  定員:先着20人
  料金:無料
申し込み:電話かFAXで。
ふれあい会館
電 話 075−333−4651
FAX  075−333−4664


《「市民すこやかフェア」ボランティア募集》
京都市では、
9月1日・2日に
左京区のみやこめっせで開催される
高齢者福祉イベント「市民すこやかフェア」の
ボランティアを募集しています。
ボランティアの内容と定員は、
・すこやか健康ウォークの運営 20人
・体験コーナーの出展 1団体(審査有り) 
・会場案内 10人 
申し込みは、
6月8日までに、
長寿福祉課へ電話かFAXで。
長寿福祉課
電 話 075−251−1106
FAX  075−251−1114  
             
posted by FM797医療福祉チーム at 11:58| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

【5月22日京都医療福祉ニュース】

《障害のある方にかかわるボランティア》
6月9日(土)午後2時から
ひと・まち交流館京都で
障害のある方にかかわるボランティア
第1回ボランティア講座が開かれます。
*ボランティアグループによる活動紹介、
 交流会など。
*講座終了後、日を改めて、
 それぞれの出演団体の見学や
 体験ボランティアができます。
*参加費は無料で、定員は30人です。
参加ご希望の方は、
京都市福祉ボランティアセンターへ
電話かFAXでお申し込みください。
京都市福祉ボランティアセンター
電 話  075−354−8735
FAX   075−354−8738 


《ふれあい会館からのお知らせ》
健康づくり教室
 *バランスボールでシェイプアップ&足腰強化*
 6月5日から毎週火曜日、
 午前10時から、全4回。
 定員:先着25人
 料金:2500円
中高年齢者の運動教室
 *リズム体操*
 6月7日から毎週木曜日、全4回。
 午前9時20分、10時20分、
 11時30分。
 定員:それぞれ先着25人
 料金:2500円
 申し込み:ふれあい会館へ電話かFAXで。
ふれあい会館
電 話  075−333−4651
FAX   075−333−4664 


《障害のある子どもの教育を支援する
  ボランティア養成講座》

 *6月14日から 毎週木曜日、全5回。
  上京区の北総合支援学校で。
 *6月20日・27日、
  7月4日・11日・19日、連続。
  西京区の西総合支援学校で。
 定員:それぞれ先着20人
 料金:無料
 受講ご希望の方は、電話で。
 北総合支援学校
 075−431−6636
 西総合支援学校
 075−332−4275
詳しいことは、総合育成支援課 
 075−352−2285

posted by FM797医療福祉チーム at 12:01| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

【5月8日京都医療福祉ニュース】

《がん患者・家族のサロン みぶなの会》
京都市立病院で、
毎月第3水曜日と第4水曜日。
5月は、
 16日 午後1時30分〜
 23日 午前10時〜
患者さん同士や家族の方々で悩みを話したり
情報交換をする交流会。
定員:各15人
*16日は、午後3時から
学習会が開かれます。
 定員:35人*
料金:無料
申し込み:不要(先着順)
お問い合わせ:京都市立病院
電 話  075−311−5311
FAX   075−311−9862


《健康教室かがやき》
5月18日(金)午後2時30分〜
京都市立病院北館で。
今回のテーマ:「気になる白内障」
料金:無料
申し込み:不要
定員:先着50人
お問い合わせ:京都市立病院
電 話  075−311−5311
FAX   075−311−9862


《長寿すこやかセンターからのお知らせ》
『認知症の人の介護家族交流会』
5月16日(水)午後1時30分〜
【講演】
「知りたい!ききたい!ショートステイの生活」
 菊浜老人短期入所施設職員 林 尚子さん
【話そう介護の悩みごと】
 長寿すこやかセンター嘱託医・ 
 認知症の人と家族の会相談員 椿 恒夫医師
 *介護家族の皆さんの交流会
料金:無料
定員:20人
『すこやか講座』
5月18日(金)午後1時30分〜
【講演】
「京の旬野菜を食べる」
 管理栄養士・野菜ソムリエ 民野 摂子さん
【すこやか体操、健康講話、レクリエ―ション体操】
料金:無料
定員:70人
★上履きをお持ちください。

『認知症の人の介護家族交流会』
『すこやか講座』
参加希望の方は、どちらも
長寿すこやかセンターへ電話かFAXで。
長寿すこやかセンター
電 話 075−354−8741
FAX  075−354−8742 
posted by FM797医療福祉チーム at 11:59| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

【5月1日京都医療福祉ニュース】

《障害と病の祭典》
5月12日(土)午前11時〜
会場:京都文教大学(宇治市槇島) 
   サロン・ド・パドマ
*障害や病があるからって、
「頑張って生きなくてはいけない」
「きらっと生きる」って誰がきめたの?
「脱力したって全然OK!」
 というコンセプトのもと、
 障害や病を持つ人達の語りや
 パフォーマンスを楽しむフェスタ*
・地域の子ども達のダンスパフォーマンス、
 一発芸パフォーマンス大会、
 川柳朗読会、コスプレ大会など。
京都文教大学フィールドサーチオフィス
 電 話 0774−25−2630


《市民のための介護講座》
☆5月9日 午後1時30分〜
会 場:ひと・まち交流館京都(河原町五条下がる)
テーマ:「学ぼう!認知症の介護とサービス」
定 員:100人
料 金:無料
☆5月23日 午後1時30分〜
会 場:ふれあい会館(西京区大枝)
テーマ:「すっきり!排泄の疑問とケア」
定 員:20人
料 金:無料
申し込み:ふれあい会館
電 話  075−333−4651
FAX   075−333−4664   


《京都市こどもの感染症》
こどもの麻しん(はしか)・風しん混合ワクチンの接種
1歳になったら,お子さんを守るため,
できるだけ早いうちに受けましょう。
生後12ヶ月〜
24ヶ月に至るまでのお子さんは無料。
*幼稚園の年長児に相当するお子様は
 2回目のワクチンの接種を受けましょう。
 (「平成18年4月2日〜
  平成19年4月1日生まれの方」は
  平成25年3月末まで無料)
接種を行うには,
予防接種協力医療機関への事前予約が必要。
*平成24年度は
 中学1年生・高校3年生に相当する年齢の方も
 無料。
予防接種協力医療機関など詳しいことは、
お近くの保健センターか、
衛生環境研究所
電 話 075−312−4942
または、
衛生環境研究所のホームページで。
             
posted by FM797医療福祉チーム at 12:34| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

【4月24日京都医療福祉ニュース】

《牛レバーの生食はやめましょう》
厚生労働省では,
生食用牛レバーの販売禁止を盛り込んだ
食品衛生法に基づく
規格基準を設定する手続を進めています。
牛レバーの生食による食中毒を防ぐために,
飲食店や家庭において牛レバーを食べる時は
十分加熱して食べるようにしましょう。
抵抗力の弱い子どもやお年寄りの方が
食中毒になると,症状が重くなりやすいので
注意が必要です。
○牛レバーの生食はやめましょう。
○食材は十分に加熱しましょう。
 (中心温度75℃,1分以上)
○焼肉やバーベキューをする時は,
 生肉や牛レバーを取る箸と食べる箸は
 別の箸を使いましょう。
○トイレの後,調理の前,食事の前には
 手洗いを十分に行いましょう。
*腹痛,下痢,血便,発熱,嘔吐など,
 食中毒を疑う症状があれば,
 直ちに医療機関を受診しましょう。


《要約筆記者養成講座》
☆要約筆記者とは、
 中途失聴者や難聴者のために、
 講演等の内容を要約し、
 文字で伝える人のことです☆
5月20日(日)から 
中京区の聴覚言語障害センターで
要約筆記者養成講座が全16回。
時間:午後1時30分から約3時間半。
対象:京都市内在住か通勤通学の18歳以上の方
定員:50人
料金:無料
申し込み:はがきに、
要約筆記者養成講座、住所、氏名、ふりがな、
年齢、電話番号、性別を明記の上
〒604−8437
中京区西ノ京東中合町2  
聴覚言語障害センター
電話 075−841−8337


《ふれあいスポーツDAY》
5月6日(日) 午後2時〜
左京区の障害者スポーツセンターで。
トランポリンなどの軽スポーツを通じた
障害のある方とない方との交流。
料金:無料
申し込み:不要
問い合わせ
障害者スポーツセンター
電 話 075−702−3370
FAX  075−702−3372
             
posted by FM797医療福祉チーム at 12:07| ▼医福【情報】【ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。